第18回 特別講演
『明日から活用できる作業科学の知識』


  講師:堀部 恭代氏(愛知医療短期大学リハビリテーション学科作業療法専攻/作業療法士)
  日時:平成30年3月18日(日) 9:00 受付/9:30~16:30
  場所:岐阜中央病院 5F 大会議室
  概要:
   前半は、作業科学がどのような学問なのかをお伝えし、作業科学から産み出された作業の知識について  
   参加者の皆さんと理解を深めます。
   後半は、前半で学習した作業の知識を用いて事例にあてはめ、具体的な作業の評価、作業の介入について検討します。
  プログラム:

    9:30~作業科学とは、作業の多様性、作業と健康、作業的公正と作業権
   11:30~昼休憩
   12:30~事例紹介
   13:00~個人検討(作業の評価について)
   13:30~グループ検討(作業の評価について)
   14:00~発表・解説
   14:30~個人検討(作業の介入について)
   15:00~グループ検討(作業の介入について)
   15:30~発表・解説
   16:00~まとめ(16:30 終了)
  対象者:OT・その他興味のある方
  定員数:50名(定員に達し次第受付終了します)
  参加費:3,000円(当日徴収します)


      

      


         

  本文へスキップ




作業療法を通して社会に貢献する活動をしています 


健康科学(ヘルスサイエンス)研究会
        Health science meeting for the study





























































































copyright©2015  all rights reserved.

inserted by FC2 system